« 新・BQTV第六回〜バイバイ!〜 | トップページ | 新・BQTV第七回〜足の裏劇場!〜 »

2006年4月17日 (月)

〜練馬で回る〜BQTV repod!

Nerima
あ、さて、こんばんは。バスローブ男爵であーる。
私がアクティブなスノーボード姿を披露した途端、
なぜ、バスローブなのか?なぜ、男爵なのか?
という質問が殺到しているのであーる。
つまり、質問が殺す勢いにまで到達している訳であーる。
「過去は振り返らない」がモットーのBQTVだが、
ここであらゆる角度から検証をするべく、つまり、検査して証明するために旧・BQTVの資料をここに示して、
この新学期、皆さんと一緒に考えていこうと考えるのであーる。
それでもってタイトルは再びpodcastingということでrepod!。造語であーる!

早い話が、旧・BQTVのオープニング集の再放送であーる!!
では、第1回は「練馬で回る」でごす。あ、でござーる。ちがう、であーる。
Bqtv

iTunesをお持ちでない方はこちらからどうぞ。フリーです。↓

Itune

左下の「RSS Podcasting」バナーを、iTunesにドラッグするだけで、簡単に登録できます。
登録すると、iTunesを開くだけで、自動的に番組が更新されます。

|

« 新・BQTV第六回〜バイバイ!〜 | トップページ | 新・BQTV第七回〜足の裏劇場!〜 »

コメント

今回は旧・BQTVの資料を再検証という事で、解説をしてみるのです。
単発で見るととてもシュールなこの「練馬で回る」。
これはオープニングが始まる前の短編集として作られました。
だから旧・BQTVではこのあとオープニングムービー(※新・BQTV第一回参照)が始まって、生放送のスタジオ?前田の部屋?に切り替わってました。
だから多少意味が分からなくても、生放送だしいいんじゃん?やっちゃえ!的な匂いがぷんぷんしますね(笑)
ちなみに最初の地味に転んでいる所は、鉄の棒にぶつかって転んだんですが、それで膝を切っていしまい、その後しばらく血が止まらなかったのを今でも覚えています。
どーでもいいシーンの全く見えてない所で、地味に血のにじんだ努力があったんですね(笑)

検証1
バスローブで外を歩くといろいろ危険です。

投稿: 前田D | 2006年4月18日 (火) 13時14分

1OR8さま
はじめまして!期待させちゃってごめんなさい。
お察しの通り、はい、全く関係ございません。
BQMAPのテレビってことで「BQTV」なんです。
ばかばかしくて面白かったって!最高の褒め言葉ありがとうございます。
これも何かの縁ってことで、よかったらこれからも観て下さいね。
では、私もこれから、デビット伊東さんの『BQTV』を探しにネットの大海へ漕ぎ出します!
発見したらここに報告しまーす!

投稿: みかD | 2006年4月17日 (月) 23時29分

はじめまして。素朴な質問です。
このプログラムは、B21スペシャルが以前やっていたテレビ番組『BQ★TV』と関係があるのですか?
実は、私は以前B21の大ファンでして、今回デビット伊東さんの公式プロフィールから、『BQTV』なるネット放送があることを知り、検索して、ここにたどり着きました。
今、新装開店の第1回目を拝見しましたが、全然関係なさそうでビックリ。失礼かと思いましたが、ご質問させていただいております。
あの番組のスタッフさんですか?

☆ちなみに、こちらの放送の感想は・・・ばかばかしくて面白かったです^^。


投稿: 1OR8 | 2006年4月17日 (月) 18時24分

これだけ見ると、すげーシュールね。

兄弟番組のBQレディオでも前田Dが今回出ているので、
こちらもお楽しみください。

投稿: ふーさん | 2006年4月17日 (月) 05時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〜練馬で回る〜BQTV repod!:

» BQレディオ第66回更新! [ピロとガッツのBQ Radio]
前田知桐瀬田町田を迎えてのゾロ目66回公演!正しい芝居の見方って何?というメールに各々が出した答えとは?案外ガッツさんの言ってることが割と正しい気がするが・・・そして後半は「体の一番固い人」ランキング。瀬田町田も急追するガッツさんの「カエル」って何?そして気になるNo.1は?そしてむしろNo.2は? 写真は「カエル」ではないのですが、柔道部出身コザ直伝の柔軟で痛めつけられるガッツさん。「カエル」の様子は後日BQ BROGのほうにアップ!(されるはず)... [続きを読む]

受信: 2006年4月17日 (月) 05時14分

« 新・BQTV第六回〜バイバイ!〜 | トップページ | 新・BQTV第七回〜足の裏劇場!〜 »